2014年度


  論文題目


明治三〇年前後における、娘義太夫の芸評価に関する再考
地域と文化地域の文化活動の社会的意義
日本の伝統文化についてインドの文化や教育を通しての考察
茶道に活きる宗教思想道家思想・禅と茶道の精神について
明治期の教科書からみた変体仮名の使用に関する一考察
茶室空間の変遷立礼室の成立と展開      
大津祭次世代へ伝承する文化財四百年に亘り継承された華麗なる曳山の姿                    
ときがわ「上サ」地区のささら獅子舞三匹の獅子によるアメップリササラ
明冶期における書と美術の関係「書ハ美術ナラス」論争を起点として
茶席における袋仕覆の歴史と仕立て
明治期以降の「お太鼓結び」にみる結び方と形の変化
初期赤楽茶碗から探る、千利休の茶碗
仰木魯堂と茶の湯
現代につながる桃山時代の金の価値と美意識黄金の茶室がうまれるにあたって
今に伝える千家のカネワリ『南方録』秘事のカネワリの法
歌舞伎舞踊「京鹿子娘道成寺」察とその魅力